留袖を借りるメリットはある?借りる時に気をつけたいことと留袖を借りるメリットについて

留袖の知識

留袖は結婚式の際に新郎・新婦の母親が着用しているのをよく見かけますよね。

新郎新婦の母親だけでなく祖母や親族が着用する事もあるようです。留袖を借りる際にはいくつかの方法があります。留袖は着る機会がそんなに多いものではありませんので購入するより借りるケースが多いです。

留袖を借りることができる場所として結婚式場、貸衣装店、ネットレンタル、呉服店などがあります。
どのようなところで借りるのか、それぞれメリット・デメリットについてまとめてみました。
これから借りる予定をされているなら参考にしてください。

結婚式場で留袖を借りるメリット


結婚式場で留袖を借りる場合、当日に衣装を借りることができますので式場で着替えることができて楽です。帰りも着替えて帰る事ができます。式場以外の場所で借りる場合、現地まで持って行くまたは着ていくという事になるので大変です。移動が楽なのが最大のメリットと言えます。デメリットはレンタル価格が高くなってしまう点です。また試着できないこともあるので、着てみたらサイズが少し大きいとかきつい・・という事もあるようです。ジャストサイズを着たいなら試着ができるほうが安心ですね。

貸衣装店で借りるメリット


貸衣装店で借りる場合、費用をかなり抑えることができると言われています。さらにメイクやヘアサービスが含まれるケースも多いのでしっかり準備できます。着付け小物なども含まれていればさらに費用が抑えられます。先に試着もできるのでサイズが合わないという心配も無いでしょう。
デメリットはレンタル店に返却しなければいけない点や式場まで着ていかなければいけない点です。

ネットレンタルを利用する場合


ネットレンタルの最大のメリットは種類が豊富という点です。選べるしお値段も安いので価格を抑えたいなら一番の選択肢となるでしょう。
またサイズ展開も豊富であることが多いです。
しかし試着はできないので、届いてからサイズが合わないという事もあるかもしれません。費用が安い分、素材が薄いなど質があまり良くない場合もあるようです。

呉服店で借りる場合


呉服店で借りる場合は質の良いものをレンタルできると言えます。価格に関しても購入するよりは安くなっているので安心です。ヘアメイクのサービスもありますし、試着もできます。呉服店はアフターサービスも充実していることが多いので安心して利用できるでしょう。

留袖のレンタルを利用して、結婚式などの晴れの日に備えている方も多くいらっしゃいます。京<留袖には種類がある>
結婚式で新郎新婦の母親や祖母、親族が着用するイメージがある留袖ですが、実は留袖にはそれ以外のシーンで着用するものもあります。留袖は2つに分けることができ、黒留袖と色留袖があります。
黒留袖が結婚式で着るもので真っ黒な着物の裾には絵羽模様と五つ紋が入っています。


色留袖はフォーマルな場面で利用できます。例えばお茶会やパーティーなどで着ることが多いと言われています。もしお茶会やパーティーに出席することが多いのであれば借りるよりも購入したほうが安い場合もあるかもしれません。しかしお値段が高いので着る頻度が少なければ借りたほうがお安いです。色留袖を選ぶ際には下記の点に注意して選ぶと良いです。

年代に合わせた色で


色留袖は様々な色が用意されています。年齢に合わせた色選びをしましょう。

季節感や利用シーンで選ぶ


季節に合った色というものがありますので、季節に合わせた色選びをしてください。また洋服を選ぶように利用シーンにふさわしいかどうかもしっかり確認してください。柄によっても季節感が出ます。例えば春なら桜、秋なら菊などが人気です。

留袖はセットで借りるのがお得


留袖をレンタルする場合は、セットで借りるのがおすすめです。結婚式などで着用する黒留袖の場合、何度も着用する事が少ないです。持っていても良いのですが年齢とともに体型も変わりますし好みも変わります。レンタルのメリットは、年代に適した留袖を選べることやお手入れや保管に困らないことなどが挙げられます。個人で購入してしまうと良い状態で保管するのは難しいです。気が付いたらカビが・・という事もあり得ます。そう考えるとレンタルは安心でしょう。必要なときだけレンタルする場合だと、自分の年齢や場にも合わせて留袖選びができますし、利用シーンにふさわしいものを選べます。借りて返すだけなので保管の手間も省けます。これらのメリットがあるのでレンタルは人気となっています。さらにレンタルにすればヘアメイクサービスを利用できたり、小物類もレンタルできるなど色々なサービスを一緒に受けることができます。

留袖はレンタルで


留袖を借りる際のポイントや借りた時のメリットについてご紹介しました。購入しようか悩まれていた人も参考になったと思います。ぜひレンタルでご自身に最適な留袖を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました