着物の留袖と黒留袖の違いと主に着るシーンについてのまとめ

色留袖

留袖を着る機会が少ない人にとっては、どのように着ればいいのか?またいつ着ればいいのかについて迷う時がありますよね。

今日は「着物」の留袖と黒留袖の違いについてと、主に着るシーンについて書いていきたいと思います。

留袖を主に着るシーンについて」

 

先ず最初に着物の留袖と黒留袖を着るシーンについて書いていきます。

 主に着るシーンとしては、やはり近しい親戚やら親族の結婚式やらお祝の席で着ることが多いかと思います。

 特に黒留袖に関しては、「一番格式が高い礼装」とされており、お呼びしたゲスト等に対して感謝と敬意を表するという意味合いとして黒留袖を着ることが多いとされております。

 このように格式が高い礼装でお祝の席で着るということをご理解いただけたかと思います。

留袖とは?

 次は留袖について書いていきたいと思います。留袖とは、女性が着用する着物中で礼儀と格式が高い礼装とされております。

 留袖の一番の特徴としては、袖から美しい絵羽模様等が描かれていることが多いのです。

 一見、訪問着と似ておりますが、この部分から美しい模様が描かれていることが一番の特徴であり違いであると思います。

 そして、留袖は未婚(独身)の方が、着用可能な着物とされております。

 このように留袖は、色が紫だったり黄色、緑等のカラフルなバリエーションがあり、尚且つ美しい模様やら紋があるのが特徴とされております。

 極端に言ってしまうと、留袖はどなたでも着用可能な着物という認識が一番理解しやすいと思います。

黒留袖とは?

 次に黒留袖について書いていきたいと思います。黒留袖は、基本的に既婚女性が着用する一番格式が高い礼装とされております。

 因みに黒留袖は、未婚(独身)女性が着用してはいけない決まりとなっております。

 くれぐれも着用しないようにしてください。(恥をかいてしまいますので)

 そして、留袖と黒留袖も紋が入っておりますが、3つだったり5つだったりと様々です。

 基本的に一番格式高いとされている紋の数としては、5つとされております。

具体的な着用例(新郎新婦の母親の場合)

 これで着物の留袖と黒留袖を主に着るシーンの紹介と、簡単にですが留袖と黒留袖の違いを書かせてもらいました。

 しかしながら、「具体的な着用例がないと理解しづらい」場合もありますので、次は具体的な着用例を書いていきたいと思います。
 
 例としては、新郎新婦の母親の場合を取り上げてみましょう。

 新郎新婦の母親が結婚式に出席する場合は、迷わずに黒留袖を選択しましょう。

 できれば紋が5つほど入っているものが望ましいです。

 ルールとしては留袖で出席しても全然構いませんが、可愛い我が子の晴れ舞台です。

 ここは黒留袖の紋5つ入りで出席して、可愛い我が子を祝福してあげましょう。子供も格式高い礼装でお祝いされれば本望だと思います。

具体的な着用例2(新郎新婦の親族・親戚の場合)

 上記は新郎新婦の母親の着用例を書きました。次は新郎新婦の親族・親戚の場合の着用例を書いていきたいと思います。

 新郎新婦の近しい親族や親戚の場合は、留袖をオススメします。黒留袖でもいいのですが、基本的に新郎新婦の母親が着用しますので、親戚や親族は控えめに留袖でお祝いしましょう。

 あくまでも主役は新郎新婦です。

 親戚や親族であれば、紋は5つがいいと思います。3つでも大丈夫でしょう。

 しかしながら、1つ紋はオススメしません。その理由はなぜか?それはあまりにも失礼にあたってしまう場合があるからです。

 この辺は難しいかもしれませんが、しっかりと頭の中にたたきこんでおいてください。

 留袖は色々なカラーバリエーションが多いため、お祝いの席をさりげなく、美しく引き立てることができると思います。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。着物の留袖と黒留袖を主に着るシーンについてと、留袖と黒留袖の違いついてを書かせてもらいました。

 そして、最後に具体的な着用例として新郎新婦の母親場合と、新郎新婦の親戚・親族の場合をまとめさせてもらいました。

 「着物」と言っても昔からの格式高いルールと格式高い礼装というのは現代では健在でありますので、その辺をしっかりと頭にたたきこんで晴れ舞台に出席したいものですよね。

 因みに新郎新婦の友人の場合は、留袖や振袖で結婚式に出席することをオススメします。(若い未婚女性は振袖がいいのでしょう。)

 友人という立場の場合は、本当にゲストという意味合いが強いので紋の数も3つか1つでOKです。

 ただ注意してもらいたいのが、間違っても黒袖留の3つ紋や5つ紋を着用することは避けてください。

 相手にとても失礼ですし、本人の常識が疑われてしまい自分が恥をかいてします。

 訪問着でも失礼にあたるということはありませんので、色鮮やかだったり華やかな振袖や訪問着で結婚式に出席をして、心から友人の結婚式をお祝いをしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました