初めて黒留袖を購入、着用される方に対して、マナーやルールをご説明させていただきます。 

黒留袖

今回の記事では、黒留袖を初めて着る方向けに、失敗しないためのマナーやルールについて解説していきます。

着物には留袖、振袖、訪問着が存在する

そもそも着物には留袖と振袖、そして訪問着が存在します。大きくこの3つを分けるとどれだけフォーマルかと言うことです。順番に留袖から振袖、訪問着とフォーマルからカジュアルに移って行きます。
その中でも留袖は既婚女性が着用する最も格式の高い礼装に当たります。生物の角においても西洋のイブニングドレスに相当するものであり、1番格式が高いものと認識ください。
その留袖の中でも大きく分けると2つあります。1つは黒留袖ともう一つが色留袖です。黒留袖の方が格式が高く第一礼装として使われます。色留袖に関しては本来留袖が既婚女性のものであるが場合よっては未婚女性にも着用されることがあります。


では黒留袖とはどのような着物でどのようなマナーやルールがあるのかを具体的に挙げていきたいと思います。前述の通り黒留袖は着物の中でも最も格式が高い礼装であると言う事はお分かりいただけたと思います。
しかしながらはじめての方にとっては様々な疑問があると思いますので着用マナーや決まり事、選び方のポイントなどを上げていきたいと思います。
まずどのような場面で黒留袖は着用されるものかです。

黒留袖が着用される場面


主に着用する場面としては結婚式や披露宴。新郎新婦の親族や仲人夫婦が最も格式の高い着物を着用する際に利用されます。実際にはお招きしたゲストに対して感謝の気持ちを表すと言う意味合いで最も格式の高い黒留袖が着用されると考えていただければご理解いただけると思います。
次にどんな立場の方が黒留袖を着用するかについてご説明したいと思います。

結婚式で主役に近い親族が着る


主に結婚式や披露宴の映像として着用されますが、新郎新婦の母親や祖母などの親族、新郎新婦と関係が深い仲人夫婦といった主役に本当に近い方々が着用するのがマナーとされています。逆に友人や知人の立場で招待されたからといって黒留袖を着用するのはマナー違反になります。あと注意すべきこととしては新郎新婦の親族は黒留袖を着用する際、両家の親族のバランスもありますので事前に確認をすることが重要でしょう。


また、年齢層の中でも格式が高いとされる5つの紋が入った黒留袖を着用することをお勧めしたいと思います。さらに親族の間でも全員が黒留袖を着用したり、関係によっては着用しない場合もあります。この辺は両家親族の装いを合わせていくことが重要になるでしょう。
次に黒留袖のルールや決まり事についてご説明したいと思います。


基本的に背中に1つ、両袖の後と両眼にそれぞれ1つずつ紋を入れることが決まりです。しかしながらレンタルの場合には家紋の部分だけ張り替えられる場合、便宜上の紋として誰でも自由に使える紋などを使います。
結果としてご自身の家紋がわからなくても問題はありません。
また、仕立ては「比翼仕立て」と呼ばれる生物の裏地の一部となる胴裏のほかに比翼地という記事を使って2枚を重ねているように仕立てます。これはレンタルでも同じことで、二重にするのは祝い事が重なると縁起が良いと言う意味も含まれています。

黒留袖の選び方


次の黒留袖の柄の選び方です。一般的には裾模様の面積が小さく、模様の入っている位置が低いほど年配の方向けだと言われています。逆に、20代や30台位の若い方が黒留袖を選ぶのであれば広範囲に模様が入ったものを選ぶのが良いでしょう。場合によっては膝上まで美しい柄が入っている黒留袖が華やかで若い方には向いているといえます。

新郎新婦の母親はやや落ち着いた柄で拡張が高いものが好まれます。もちろんその柄に関しては艶亀、松竹梅といった喜びを表現すると同時に格調の高さもある柄を選ぶのがお勧めです。
続いて帯や小物の選び方、マナーについてです。帯は着物に合わせて拡張のあるものを選ぶべきだと思います。袋体と呼ばれる帯を合わせますが、表地は金銀の糸や美しい文様を売り出したものが良いでしょう。


柄についてはおめでたいとされる松竹梅、鶴亀や鳳凰などの文様を選ぶのが良いと思います。
レンタルの場合であっても、礼装の知識を持った方々からアドバイスをもらえるので参考にすれば良いと思います。


草履やハンドバックについてもマナーがあります。草履は素材は白に金、銀などを織り込んだ布地のもの、またはエナメルが一般的です。バックも草履と同様ですが素材やデザインも草履に合わせる方がバランスが良いと思われます。 
細かいですが扇に関しても祝儀扇と呼ばれる広げた時に両端が黒塗りで広げた歳に見える紙の色には金、もしくは銀のものが一般的です。

まとめ


このように黒留袖は既婚女性が着用する着物の中でも最も格式が高いだけにマナーにも必要以上に注意する必要があります。結婚式など正式な場面で着用するだけに礼儀を尽くすした美しい着こなしをするためにもマナーやルールを守って着用していくようにしましょう。
はじめての方でレンタルを利用する場合でも、アドバイスをもらいながらきちんと対応することで着こなすこともできるはずです。  

タイトルとURLをコピーしました