色留袖と訪問着、それぞれの役割や着用にあたっての具体的な違いについて 

色留袖

まず、着物は留袖と振袖、そして訪問着の大きく3つに分けられると考えられています。
そもそも着物は季節やどのような場所に参加するかによって使い分けることが一般的です。わかりやすく言えば「フォーマルな着物」と「カジュアルな着物」に分けることができるでしょう。フォーマルな着物は格式が高く、結婚式やパーティーなどに呼ばれた際に着用する、いわゆる礼装に値するものです。

普段着できるカジュアルな留袖


一方の「カジュアルな着物」に関しては、柄が文様になっていたり、袖の長さが短かったりと非常に着こなしやすい着物になっています。だからこそお茶会や観劇、ちょっとしたセレモニーに着こなしやすい形になっているのです。
今から説明する色留袖はフォーマルなき者であり、訪問着はカジュアルな着物と大きく分けることができるのではないかと思います。具体的にそれぞれの特徴、着用シーン等についてご紹介していきたいと思います。


色留袖は大きく分けると留袖の部類に入ります。さらに分けると黒留袖と色留袖に分かれるのですが、黒留袖の方が第一礼装として扱われます。具体的には、紋が5つ入っています。結婚式や披露宴で親族の既婚女性や仲人の奥さんの服装として用いられることが多いのが特徴です。


一方の色留袖は地色が黒以外のものを指すことになります。生地は地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された場合もあります。
着用目的によって変化しますが紋の数が
3つ、1つ、またはない場合もあります。


この紋の数でフォーマルさが決まります。3つ紋なら、準礼装として親戚の結婚披露宴やパーティーなどに気楽に着用できます。
そもそも留袖は本来既婚女性が着こなすものですが、近年では未婚女性が礼装として着用することもあります。
色留袖に合わせる帯は袋帯で、重厚感があるものが一般的です。柄は主に格調が高い文様を利用します。小物は、草履やハンドバックも含めて、黒留袖と同じように金や銀があしらわれた礼装用のものを合わせるのが一般的です。

訪問着の特徴


次に訪問着の主な特徴です。
訪問着は基本的に華やかに装いたいときの準礼装に当たります。古典的な模様からモダンなものまで色や柄の種類が豊富で、ファッションとして楽しめる要素が強いと考えていただければ良いと思います。着用シーンについても非常に幅広くゲストとして招かれた披露宴やパーティー、結納などと改まった席だけではなく、卒業式や入学式といった様々な場面で着用されます。さらに年齢層問わず幅広い方々が着用できるのが大きなポイントになります。帯に関しては袋袋を合わせます。白を選ぶことを基本とし、カジュアルな場面では色の帯揚げ、帯締めを行って、宝石や蒔絵、象牙といった高級感のある帯留めを合わせるのも良いと思います。バックはエナメル製など小ぶりなタイプを合わせることがポイントです。

留袖と訪問着の違い


ではそれぞれの違いについて挙げていきたいと思います。
どちらも柄付に切れ目がなく一続きにつながっているのは共通になります。そして見た目で最も大きな違いは上半身に柄があるかどうかです。上半身が無地で裾にだけ、柄が描かれているのが色留袖です。

さらに肩や胸といった上半身にも裾にも柄が入っているものが訪問着だと考えていただければ間違いないと思います。
また、その柄についても色留袖は吉祥文様や有職文様など、おめでたく格調が高いものが多いです。訪問着については古典調からモダンなものまでバラエティーが豊富で華やかなことが特徴になります。


色留袖の方が格式が高く準礼装として利用されます。

訪問着は幅広い用途に使えて便利

では、訪問着はどのような用途で利用するのが正しいのでしょうか。
もちろん、略礼装には当たりますので、結婚披露宴などに着用することも可能です。しかしながら、自分自身を艶やかに見せたいためのおしゃれな装いの1つとして少し簡単に考えて着用することも全く問題はありません。


例えば、お茶会で着用する場合は派手なものよりも品を感じさせる訪問着を選ぶことが重要です。同じように子供が主役の入学式や卒業式といった行事の際には控えめの色や柄で着こなす方が正しいと言えるでしょう。逆に同窓会やパーティー、観劇などといったカジュアルのシーンに訪問着を着用する場合は、自分自身を艶やかに見せるためにも明るい色柄を着用し、個性や遊び心のある小物とセットでおしゃれを楽しむ感覚を大事にすれば良いのではないでしょうか。


このように幅広い用途で色留袖に比べて着用できる訪問着だけに、様々なシーンで上手に着こなすことができれば着る人のオシャレ度や品格もアップします。逆に色留袖に比べ、自由度が高いだけに着こなしを間違えると品格を損なうことにもつながりかねませんので注意をしましょう。
幅広い年齢層、属性の女性が着こなすことが可能と言う意味では共通ですが、フォーマルな色留袖、カジュアルな訪問着といった区分けを間違えずに着用することをまずは考えていくべきだと思います。

タイトルとURLをコピーしました